Sale!
GUERCIOTTI

Guerciotti EUREKA DX50 size : S

¥260,000 ¥221,000

■カラー グレー/ゴールド(DX03)

■サイズ S

■フレーム重量 1,030g

■¥260,000税別

■フレーム:40HMカーボン(2種類) / 30HMカーボン / 24HMカーボン(3種類)

■フォーク:カーボンモノコック

■ヘッド規格:1-1/8 – 1-1/2

■BB規格:プレスフィットBB86

■シートポスト径:専用 (付属)

■シートクランプ径:専用(付属)

■FD台座:直付

在庫1個

商品カテゴリー: ,

説明

グエルチョッティの歴史は今から50年以上前の1964年にシクロクロス選手であったイタロとパオロのグエルチョッティ兄弟がミラノ・ペトレッラで創業した小さいサイクルショップから始ま理ました。近年ではUCIチームのCCC・スプランディ・ポルコヴィツェの蛍光オレンジカラーのバイクが印象に残っていると思います。

今回はラインナップ中のミドルレンジでエアロデザインのフレーム「EUREKA DX50」をご紹介します。見るからに剛性がありそうなダイナミックな造形のカーボンバイクフレームです。

パッと見た感じはエアロフォルムのバイクなのでそれなりに重量があるように見えますが、カーボン素材を使い分けることで軽量でしなやか走行性能を兼ね揃えた、オールラウンドに使えるフレームに仕上がっています。

ヘッドチューブは、ダウンチューブ側のボリュームを大きくして剛性を確保し、ペダリング時の推進力に役立っています。トップチューブ側を細身にすることで、振動吸収性を高めています。

また、インテグレーテッド・フォーク・システム(IFS)はヘッドチューブ、ダウンチューブ、フォークの隙間を減らすことで空気抵抗軽減に貢献しています。

エアロ形状のシートチューブと専用シートピラーを採用することで、空気抵抗軽減につながっています。

シートステーは薄く扁平させ、しなりやすい形状にすることで、振動吸収が向上しています。

また、クイックレバーがエンド部に収まる形状にすることで、風の巻き込みを抑え空気抵抗軽減に繋がっています。

使用する素材は2種類の40HMカーボンと30HMカーボン、3種類の24HMカーボン繊維を使い分けます。メインは24HMカーボンを、40HMと24HMクロスカーボンを場所によって使い分けることで高剛性といなし効果を狙います。

断面積の広いBBエリアはBB86規格を採用。

ダウンチューブとシートステーの接合部の面積を大きく取ることで、高剛性且つ無駄のないパワーの入力が可能です。またペダルを回した時の反応も素早いのが特徴です。

BB周辺や、シートクランプ、フレームの継ぎ目といった力の影響を受けやすい部分は24HMカーボンを使用。

特にストレスのかかるフロントディレーラー取り付け部とリアエンドには高強度の30HMカーボンと40HMカーボンによって補強することで強度アップを図っています。

フレーム成型にはEPS(発泡ポリスチレン成型)技術を採用しています。成型時にできる余分な樹脂を高い圧をかけてを除去することで軽量化し、さらなる剛性と強度UPにも繋がります。