CATEYE GVOLT70


ドロップハンドルのトップ部分はサイクルコンピュータやライトで混雑しがち。
どれも優先順位が高く、使い勝手を犠牲にせずスマートに収めようとするとなかなか至難の技です。
そんなお悩みを持つ方にオススメしたいのが、キャットアイから発売された「Gボルト70」です。
まず1番のポイントは「ハンドルバー下側取付専用充電ライト」であること。
ハンドル上部にはサイクルコンピュータやスマートフォンホルダーなどを優先して配置し、
ライトを下側に持ってくることで干渉を回避します。
また、従来の上側に取付を想定しているライトだと、スイッチが天地逆になってしまって操作しずらいだとか、
レンズカットの具合で配光が変わってしまったり、雨や汗が侵入しやすくなり故障の原因にもなりかねません。
その点Gボルト70はハンドルバー下側取付専用ということで周囲へのまぶしさに配慮した上カットのレンズを採用して配光をきちんと保っています。

約260ルーメン(約7,000カンデラ)
インジケータの点灯間際まで明るさがほとんど変わらない一定光量ライト
ハイ・ミドル・ロー・デイタイムハイパーコンスタント・点滅の5モード
ダブルクリックでハイモードへ切替
手軽なUSB充電(Micro-USBケーブル付属)
充電タイミングがわかるバッテリーインジケータ搭載
モードメモリー機能により消灯時のモードで点灯開始
デイタイムライトとして昼間でも使用できます

【関連商品】
アウトフロントブラケット2(1604110)¥4,500+税 を使うとワイヤレスコンピュータと同時に取付が可能になります。

スペック上のGVOLT70の明るさはVOLT200とVOLT400の間に位置します。
切り替えが3パターン(ハイ・ミドル・ロー)となっているので上位機種と遜色ありません。

【詳細情報】
サイズ: 約 35.94×106.5×46.5 mm
重量: 96.5 g
光源: 高輝度白色 LED1 灯
使用電池: Li-ion 3.6V-3400mAh
使用時間: ハイ:約7時間(260ルーメン)
ミドル:約9.5時間(200ルーメン)
ロー:約40時間(50ルーメン)
デイタイムハイパーコンスタント:約25時間 (260ルーメン/50ルーメン)
点滅:約210時間
標準充電時間: 約4.5時間
繰返し充放電回数: 標準300回(定格容量の70%の容量低下まで)