自転車の防犯登録

自転車の防犯登録してますか?

自転車店で購入された方は必ず登録するはずですから問題ないでしょう。

でも、
◯インターネット通販で購入した。
◯雑貨屋さんで購入した。
◯知人から譲り受けた。
等で自転車を入手された方は意外と忘れがち。

何なら「そんな登録なんていらないんじゃないの?」
と思われている方もいらっしゃるのでは。

今日はそんな防犯登録のアレコレについて解説します。

注)防犯登録は防犯登録シール、登録料、データ保存期間など都道府県によって異なります。 当店所在地の石川県での場合です。

防犯登録って必要なの?

実は防犯登録は自転車を所有するすべての人の義務です。
自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律』の第12条に記載されています。
つまり「どーしよーかなー」っていう類のものではないのです。

登録していい事あるの?

まず一番大きなメリットは

盗難のときの手続が簡単なになる

自転車が盗まれた時は警察に被害届を出すことになりますが、この時必要となるのが自転車の車体番号・メーカーMei・車種名・サイズ・色・変速の有無など、多くの情報が必要です。ご自分のの自転者の詳細情報までご存じの方はすくないのではないでしょうか。
防犯登録された自転車だと、防犯登録台帳には車体番号はもちろん住所、氏名、自転車の色やサイズなど記載されいるのでご自分の自転車の防犯登録番号を伝えるだけでOKです。

防犯登録すると自転車にこんなシールを貼ります。

半分から下は住所、氏名、電話番号記入欄というなかなかのプライバシー全開ゾーンなので、記名をご希望の方を除き、MODEL-Tでは切り取って上半分だけを貼り付けてます。(法人様除く)

「盗んだ自転車のシールはすぐ剥がされるんじゃ?」
という疑問も湧いてくるでしょう。

防犯登録ステッカーは特殊な素材でできており、剥がそうとすると小さく細切れにになってしまいます。逆を言えば防犯シールが汚損された自転車は「盗んだ自転車?」と思われておまわりさんに声をかけられやすくなってしまうのです。

ここで防犯登録をすることによる二つ目のいい事

職務質問されにくい

自分で購入した自転車なのに疑われるのって嫌ですよね。
めんどくさいし。。。

防犯登録料は?

各都道府県によって異なりますが概ね500円〜1000円といったところです。
石川県は600円です。ちなみに税込みです。

どこでできる?必要な書類は?

自転車店で購入すればその店舗で登録しますので特に必要な書類等はありません。

ネットや雑貨店などで購入した場合は、
自転車本体と、その自転車が盗品でないことの証明として
・購入したお店から発行された販売証明書(固有情報が必要)
・身分証明書
・防犯登録ステッカー代金(600円)
・書類作成料(1500円)
が必要です。

他人から譲り受けた場合は、
・自転車本体
・譲渡証明書
・身分証明書(譲る人・譲られる人両方)
・防犯登録ステッカー代金(600円)
・書類作成料(1500円)
が必要です。

防犯登録ができるのはきちんと整備された自転車であることが大前提なので、MODEL-Tではお持ち込みの自転車の防犯登録にはTSマーク点検(税込2750円)を実施を条件としています。

データの保存期間は?

登録内容は登録してから7年で警察のコンピュ-タ-から抹消されます。
その後も自転車を利用する時は再度登録が必要になります。


防犯登録についてご理解いただけたでしょうか?

防犯登録番号は自動車でいうところのナンバープレートみたいなもの。
「この自転車は私のものです」と証明できる唯一の手段です。

また、防犯登録は自転車の盗難を防ぐ自衛策でもあります。
忘れずに行ってくださいね。


ネット通販で購入したなどの事情で防犯登録にお困りの方はMODEL−Tにご相談ください。